新・ぜんそく力な日常

新・ぜんそく力な日常

喘息と睡眠時無呼吸症候群と戦うおバカパパの日常

No.1073 仕事で無理をしたツケがあちこちきている僕

いつも訪問ありがとうございます😊


僕は今、持病の喘息が悪化して仕事を休職中なのですが、実は喘息の他にも色々ありまして…


それはある日のこと…



僕の移行前のブログから読んでくれている人なら知っていると思いますが、実は僕、昨年の3月に帯状疱疹を患いました。

帯状疱疹とは、過去に子供の頃などに水疱瘡にかかった事がある人が、大人になり、過労やストレスなどで免疫力が落ちた時に、湿疹と強い痛みの神経痛として復活する病気です。


帯状疱疹自体は、安静していれば1ヶ月ほどで治るのですが、僕の場合、仕事も休めず無理をしていたので、治りが悪くなり、痛みが肋間神経痛(帯状疱疹後神経痛とも言う)として現在まで残ってしまっているのです。


そしてこの免疫力が落ちた状態の時に、症状としては落ち着いていたはずの気管支喘息が復活・悪化してしまったのです。


帯状疱疹と気管支喘息に耐えながら1年近く仕事をしていたのですが、喘息が全く改善しなかったため、2月の終わりから、休職を決意したのです。



そしてさらに僕には…



僕の移行前のブログを初期から読んでくれている人なら知っていると思いますが

僕は両肩がインピジメント症候群という状態になっているのです。

インピジメント症候群とは、スポーツや仕事などで肩関節を使い過ぎて、腕と肩の骨の隙間が狭くなり、動かす時に骨同士が擦れ、腱など炎症を起こす状態の事です。


僕は生まれつき、腕と肩の骨が擦れやすい状態らしく、数年前に仕事で無理をした時に、痛めてしまい、ずっと辛い状態が続いているのです。


なので現在僕は、喘息のため肺と気管支が慢性的に痛く、たまに神経痛で左の脇の下から胸にかけて激痛がし、インピジメント症候群の影響で肩を動かすと痛みが走るのです。


特に僕の左胸側はボロボロな状態になっています…(咳で肋骨を疲労骨折もしていました)


これも全て、症状が出始めた時にしっかり休まず、無理をしたあおりです…


今、辛い症状を抱えて無理をして仕事をしている方…


可能なら早めに休養をとってください!


でないと僕みたいに、ずっと辛い状態になってしまいます!


僕を悪い例として、皆さんは無理をしないように…



さらに前にも無理をして肺炎になったこともあります…





応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

follow