新・ぜんそく力な日常

新・ぜんそく力な日常

喘息と睡眠時無呼吸症候群と戦うおバカパパの日常

No.1115 旅行先で遭遇した変態男

いつも訪問ありがとうございます😊


今回のエピソードは、5年前の夏の家族旅行の時に遭遇した変態男の話です。




5年前の夏休み、僕らは都心に家族旅行に行きました。


新宿のとあるファストフードに入った僕らは一家は、ここで昼食をとりました。


家族でハンバーガーセットを頼み、4人で食べ始めていると…



何かちょっと怪しい大男が入って来ました。



この男、どこが怪しいのかと言うと…



真夏なのに黒い帽子をかぶり、黒いコート、黒いズボン、そして顔にはマスクをしていたのです。


この暑さであの格好は変だなと思っていると、謎の男は何かを注文するわけでもなく、いきなり僕の斜め前に座りました。


僕の隣の席には、中学生ぐらいの女の子が本を読んでいました。



謎の男が気になりましたが、ちょっと恐いので、見ないふりをして、ハンバーガーを食べていました。



すると男の方から何かを擦る様な音がしたのです。


何だろう…?


男の方をチラ見すると、左手でコートを被せて見えない様にしているのですが、右手をコートの中に入れ、股間のあたりで小刻みに動かしていました。


擦る様な音は、右手がコートと擦れた時の音でした。



え…?まさか、こんなところで自慰行為?


男の目線は、僕の隣りに座る女の子…


僕に気づいたのか、右手を動かすのをやめる男。


「どうしたの?」

「う、うん…何でもない…」

男を気にしつつ、ハンバーガーを食べる僕。


そしてこのあと僕は、決定的瞬間を見ました!


男が左手でコートを開けるとそこには

ギンギンに大きくなった、男のナニがあったのです!


右手でナニを擦る男!


隣りの女の子もそれに気づき、少し震えながら、見ない様にしていました。


これはヤバいと思い、店員に声をかけようとした所、男は立ち上がり、そのまま駆け足で去って行きました。



こう言う変態って、人気のない夜道とかに現れると思っていたので、まさか都心のしかも新宿の真昼間に現れるなんて、本当に驚きました。


隣りにいた女の子は、変なモノ見せられて災難でしたが、まだ幼い僕の娘達が男に気づかなかった事は幸いでした。


まだ夏休みも残っていますし、どんな場所にも変態は潜んでいます。


皆さんもお気をつけください。


今日はオチのないエピソードでした。





応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

follow