新・ぜんそく力な日常

プロレスとキン肉マンを愛する喘息持ちブロガーの日常絵日記

No.1371 帰宅した娘が玄関先でおじいちゃんの小人に会う⁈

いつも訪問ありがとうございます😊


今日は我が家の天然少女、次女リンについてのエピソードです。


すこし前のエピソードなのですが、それはリンがいつものように学校から帰って来た時に起きました。


学校から帰って来て、玄関のチャイムを鳴らすリン。


いつものように僕が出ます。



いつもならリンはモニター画面の方で手を振ってくれるのですが、この日はずっと車庫の方を見ています。


そして玄関の扉を開けても、ずっと見ていたんです。



気になって聞いてみると…



リンが見ていたのは、隣の家が止めている車のリアの窓…


何かいるかと訊かれましたが、車には誰も乗っていないし、何もおかしなところはない、普通の車の窓でした。


どうしたのかと思っていたら、リンが少し動揺した感じでこんな事を言いました…



おじいちゃんの小人が手を振っていた⁈

リンが目を逸らしたら小人は消えたそうですが、隣の車の窓越しに小人がずっと手を振っていたそうです!


その話を聞いて、リアの窓に小人のおもちゃでも置いてあるのかと思い、隣の車をよ〜く見たのですが、そんな物はありませんでした。


リンの気のせいじゃないかと言ったのですが、リンは

「気のせいじゃない!二頭身の可愛いおじいちゃん小人がウチに向かって、ずっと手を振っていたんだよ!」

と言うのです!


妖精とかって、ピュアな子供しか見えないって言いますが、それって、迷信と言うか立証されていない事じゃないですか。


ま〜でもリンは、6年生なのにとても幼いし、すごいピュアなので、妖精系が見えてもおかしくはない気はしますが…


この辺、妻のユリの血筋で、霊的なものが見えるのか?


本人は本当に見えたと言っているので、とても不思議な話です。


皆さんは子供の頃、妖精的なものを見た事がありますか?


ピュアなリンのエピソード

霊感があるユリのエピソード





応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

follow