新・ぜんそく力な日常

新・ぜんそく力な日常〜育児漫画やその他色々

喘息持ちライターの4コマ育児絵日記ブログ

ベランダや換気扇でタバコを吸っても無駄〜3次喫煙の恐怖

今日も訪問ありがとうございます。


喘息ライターの碧乃あか男です。


いきなり過激なタイトルから入りましたが、今回、こんな記事を見つけました。


僕も母が妊娠中からずっと親父のタバコによる影響を受けて喘息になってしまった身としては、大変興味がある内容になっています。


記事によると


たとえ子どものいる前ではたばこに火を付けなかったとしても、喫煙者と接触のある子どもたちは「3次喫煙」という形で家具や衣服、皮膚などに残った有害物質にさらされている。

たばこを吸うのはアメリカの成人の4人に1人にすぎないというのに、継続的に2次喫煙とも言われる受動喫煙、または3次喫煙を余儀なくされている子どもは全体の半数に上る。

専門家によれば、そうした子どもたちの多くは現在から将来にわたって健康被害を受け続けることになる。

一部引用 https://toyokeizai.net/articles/-/244866

子供の前でタバコを吸わなくても、煙が染み付いた皮膚や服で子供と接触したら、それはもう3次喫煙になるって事なんですね。

しかも子供の半数以上が、受動喫煙の2次、皮膚や服からの3次喫煙に晒されているなんて…


アメリカの話ですが、これは日本でも言える事です。


よく子供や家族の為に、ベランダや換気扇の前でタバコを吸うお父さんがいますが、結局は服や皮膚に煙が染み付いているので、何の意味もないって事なんですね。



さらに記事では

アメリカ小児科学会(AAP)によれば、受動喫煙が原因の肺がんで死亡する非喫煙者の数は年に約3000人、心臓病では数万人に上る。

たばこを燃焼させることで出る煙には約4000種の化学物質が含まれているが、その中には有害なものも多く、うち50種には発がん性があることが知られている。

喫煙者とともに暮らす赤ちゃんは乳幼児突然死症候群(SIDS)になるリスクが高い。

AAPの報告によれば、受動喫煙をしている子どもは耳の感染症や咳や風邪、気管支炎や肺炎、虫歯になりやすいという。

また、喘鳴や鼻づまり、頭痛、咽喉炎、目の炎症や声がれを起こしやすく、呼吸器感染症を起こすとなかなか治らない傾向があるという。

学校を欠席したりスポーツの試合に出られなかったり、友達との楽しいイベントを逃すことも多いとされる。

一部引用 https://toyokeizai.net/articles/-/244866


僕も子供の頃に気管支喘息を患い、学校の欠席は多かったですし、運動会は6年間で2〜3回しか出られませんでしたし、林間学校や修学旅行にも行けませんでした…


完全に僕は、受動喫煙の被害者ですね…


親父に文句言いたいけど、19年前に亡くなってますしね…



さらに記事では

長期的なリスクとしては、肺の発達不全や、子ども自身が喫煙者になりやすい傾向が考えられる。

たとえたばこを吸わなかったとしても、心臓病や肺がん、白内障、リューマチ性関節炎を発症するリスクがほかの人より高くなる。


自分はタバコ吸ってないのに、肺がんのリスクが高いって…



さらに記事は、副流煙について書いてあり

研究チームは副流煙の残存物が「ほこりや物体、家庭内のもののさまざまな表面、喫煙者の皮膚や衣類に蓄積している」ことを挙げるとともに、環境中に残存したたばこの有毒物質は子どもの手から口、体内へと容易に入り込んでしまうと指摘している。

3次喫煙によって子ども、特に乳幼児が抱えることになる合併症リスクは大人よりも深刻だ。

理由は、屋内でたばこの有毒物質で汚染されたものに囲まれて過ごす時間が長いからだ。

一部引用 https://toyokeizai.net/articles/-/244866

大人は仕事などで長い時間は家にいませんが、子供は家にいる時間が長いですからね。


乳児がタバコの煙が染み付いた、おしゃぶりをくわえる。

幼児がタバコの煙が染み付いたラッパや笛を吹いて遊ぶ…

考えただけで恐ろしいですね…



研究チームは父母もしくはそのいずれかが喫煙している25人の幼児について、手に高レベルのニコチンがついている証拠を発見した。

これらの子どもたちはたばこの煙の残存物にさらされたことと関係が疑われる病気で病院に担ぎ込まれた経験があった。

さらに研究チームは、3次喫煙が2次喫煙よりも健康に害をもたらす可能性を指摘した。

3次喫煙には「副流煙では見つかっていない新たな汚染物質」が含まれているうえ、「(汚染物質と接触する)いくつものルートがあり、汚染物質にさらされている時間もずっと長い」からだ。

一部引用 https://toyokeizai.net/articles/-/244866

幼児の手に高レベルのニコチンですよ!

指しゃぶりする子だったら、常に高レベルのニコチンをしゃぶっているって事です!



そのほかにも、記事には青年についての3次喫煙の影響や、両親が子供の前で喫煙することは、児童虐待に等しいなど書いてあります。


先日は、タバコを吸う方が患いやすい病気COPD について書きましたが

タバコは自分だけじゃないんです。


その周りにも影響を及ぼしているんです。


最初に書きましたが、僕は親父からの受動喫煙の影響をモロに受け、生まれつき体が弱く、予防接種も受けられず

おたふく風邪・水疱瘡・麻疹・風疹にかかり

途中調子が良い時期もありましたが、40年間も気管支喘息を患っています。


ちなみに僕の弟は、受動喫煙の影響か、未熟児で生まれました。



自分の体も、家族の一生が大切だと思うのならば、今後の喫煙は考えた方がいいと思います。





応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

follow