新・ぜんそく力な日常

新・ぜんそく力な日常

喘息持ちのイクメンパパの奮闘記

No.1156 恐怖体験!母が2度とハンドルを握らなくなった訳

いつも訪問ありがとうございます😊


今日は女性ドライバーの日らしいので、親父と母の運転にまつわるエピソードを紹介します。



僕が3〜4歳の頃のある夜、酒を飲みベロンベロンに酔っ払った親父が、突然とんでもない事を言ったそうです。



これから家族みんなでドライブに行くと…!


真夜中だったし、親父はまともに歩くこともできないフラフラ状態…


おまけに当時は、都心に住んでいたので、真夜中でも交通量は物凄い!




当然母も必死に止めましたが、暴君だった親父は全く聞き入れず、寝ていた僕も叩き起こされ、強引にドライブに行くことになりました。


走り出しからフラフラで、時には猛スピード、時にはノロノロと、助手席の母も怖くて震えていたそうです。


そんな状態で車は…






銀座の交差点のど真ん中で止まったそうです…



そして親父は…




交差点のど真ん中で力つきる!


都心のしかも銀座の交差点のど真ん中で立往生した車…


泥酔状態で動けない親父をなんとか助手席に座らせ、免許証取り立てだった母が、急遽運転することになりました。


交通混乱が起き始めた都心の交差点で、完全初心者の母は、泣き震えながら家まで運転したそうです。


僕も寝ぼけながらも母の

「恐い、恐い、恐い…!」

という悲痛な声をハッキリと憶えています。


母はこの時のショックから、2度とハンドルを握れなくなってしまいました。


前にも書きましたが、みなさん…


家族のためにも

飲酒運転は絶対にやめましょう!

親父の酒でのエピソード


私は飲酒運転で刑務所に入りました (中経の文庫)

私は飲酒運転で刑務所に入りました (中経の文庫)






応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

はてなブログ以外の方はこちらで読者登録できます。
follow us in feedly

FBファンページから更新通知を受け取る

LINEからでも更新通知を受け取れる様にしました