新・ぜんそく力な日常

新・ぜんそく力な日常

喘息持ちのイクメンパパの奮闘記

サービス満点のカーペット屋さんに母がどうしても言えなかった事…

今日も訪問ありがとうございます😊


今日もおなじみの旧ブログからのリメイクになります。


これは僕が小学生の頃のエピソードです。


当時住んでいた家のカーペットがボロボロになったので母が、地元の商店街に行き、6畳用カーペットを買いました。




カーペットを買ったカーペット屋さんは気前が良く、無料で家まで届けてくれ、さらに部屋のタンスなどを退かして古いカーペットを剥がし、買ったカーペットをそのまま敷いてくれる大サービスをしてくれました。


汗だくになりながら、タンスやテレビ、食器棚などを1人でずらし、一生懸命カーペットを敷いてくれるおじさん…




そんなおじさんの姿を見て、母はとても重要な事を言うに言えなくなりました。




それは…




買ったのは朱色、おじさんが敷いているのはウグイス色〜


買った色と全く違っていたのですが、せっかく一生懸命敷いてくれているのに悪いと思って言えなかったそうです。



古いカーペットまで引き取ってくれたカーペット屋さん…


果たして、本当にサービス満点のカーペット屋さんだったのか?


それともカーペットの色間違いを誤魔化す為に、サービスで敷いてくれたのか?







応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

はてなブログ以外の方はこちらで読者登録できます。
follow us in feedly

FBファンページから更新通知を受け取る

LINEからでも更新通知を受け取れる様にしました