新・ぜんそく力な日常

新・ぜんそく力な日常

喘息持ちのイクメンパパの奮闘記

大人の色気ムンムンの年上女性との甘〜い夜は…

今日も訪問ありがとうございます😊


本日も、引っ越し前のブログ(livedoorブログ)からのリメイクです。



それは今から四半世紀以上前の僕が二十歳だった頃のエピソードです。




僕が初めて就職した会社に、8歳年上のHさんと言う女性がいました。


ちょっとケバい感じでしたが、なかなかの美人で、28歳の大人の色気がムンムンの女性でした。


入社して間もなかった僕はこの日の仕事上がりに、Hさんに誘われて、2人で居酒屋で飲んでいました。


「右も左もわからなくて、迷惑ばかりかけてしまって…」

「ううん、あか男君は、よく頑張っているよ!」


な〜んて励まされながら、2〜3時間2人で飲み、そして帰る事になりました。



僕とHさんの家は同じ方向で、居酒屋から歩いて10分ぐらいの距離でした。


お店を出て、しばらく歩いていると、Hさんが突然…





僕の腕を組んできました‼️


一瞬何が起きたかわからない感じ…



こんな色気ムンムンの女性に腕を組まれ、当時まだチェリーだった僕は、もう心臓がバクバクしていました。



そしてさらにHさんは、耳元でこう囁きました…




一緒に帰る?


確かにHさんの家と僕の家は、同じ方向だけど…


この感じ、もしかして誘われているとか?


このままHさんの家まで一緒に帰るなんて?


いやいや、何を考えているんだ!


でも…もしかして、童貞卒業のチャンスとか⁈


いやでも…


一体どうしたらいいんだ⁉︎


Hさん…美人だし…


いやいや、僕の勘違いって事もあるし…



な〜んてずっと悶々と考えて…




そして僕は…









僕の意気地なし〜!


結局、この感じがいたたまれなくなり、僕はHさんの腕を振り払い、そのままダッシュで家に帰ってしまいました。



その後、Hさんとは会社でも普通に会話していましたが、飲みに誘われる事は2度ありませんでした。


当時は本当にウブでした…


今なら、こ〜んなチャンスがあったら絶対に…




逃げますよ!



だって、奥さんいるし!


家族が大切ですから。


それに、46歳の喘息親父なんて、誰も誘わないしね〜ww


【第3類医薬品】新ヘパリーゼドリンク 50mL×10

【第3類医薬品】新ヘパリーゼドリンク 50mL×10






応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

はてなブログ以外の方はこちらで読者登録できます。
follow us in feedly