新・ぜんそく力な日常

新・ぜんそく力な日常

喘息持ちのイクメンパパの奮闘記

怖いのはステロイドだけではない!抗生剤の副作用にも注意が必要! おまけの1コマ有り

いつも訪問ありがとうござます😊


今回も長女の4歳の頃に入院したエピソードはお休みです。




これシリーズの第2話でもちょっと書きましたが


長女のリナは、風邪をひいた時に処方された、抗生剤の副作用により、偽膜性(又は薬剤性)大腸炎になった様です。
※処方された薬絡みなので、お医者さんもはっきりと薬剤性とは断言してません。


風邪薬でよく処方されている抗生剤、実はこれも副作用が多い様です。


昨日の記事でもちょっと書きましたが、実は僕も2回目のBT治療の手術後に抗生剤を処方されていますが、実は1回目の抗生剤とは、別の薬に変更になっています。


実は以前、ステロイド服用中止後の離脱症状についての記事を書きました。


僕の体に発疹ができ、全身が痒くなる症状です。
※現在は炎症止めであるステロイド(プレドニン)を飲んでいるので、痒みは治っています。



この痒みはステロイド離脱症状なのかと思っていました。


今回の入院で、先生や薬剤師さんに体に起こった発疹痒みの事を話すと、抗生剤でもこの様な副作用があるそうなので、念のため抗生剤を変えてみるとの事でした!


もし僕の全身の痒みが抗生剤の副作用だったとしたら…


そして愛娘のリナを大腸炎で苦しめたのも抗生剤の副作用だとしたら…



今回は細菌性の風邪薬としてよく処方される、抗生剤についてちょっと書きたいと思います。

専門家ではないので、ざっくりと書きますのでご了承ください。

抗生剤とはどんな薬?

抗生物質から作った薬剤です。

抗生物質とは、細菌感染症に有効な薬で、微生物がつくった病気の原因となる細菌を殺したり、増殖を抑えたりしています。

つまり抗生剤とは、抗菌薬なのです。

溶連菌やマイコプラズマ肺炎など細菌感染には、効果を発揮します。


抗生剤の主な副作用

一般的によく起きる症状としては、薬疹(僕?)、肝機能障害、腎障害、けいれん下痢そして…腸炎など様々…

長女リナも酷い下痢から始まり、そして大腸炎になりましたからね…


抗生剤を長期に飲むと効かなくなる

抗生剤を長期に飲むと、体内に耐性菌が生まれる事があり、抗生剤が効かなくなってくるそうです。

僕の知っている方でも、抗生剤の耐性菌ができてしまい、抗生剤の効果が弱くなってしまい、かなり苦労されています。

早く体調が改善されて、元気になってほしいです…


最後に…

抗生剤は、菌の繁殖を抑える薬という意味では、非常に効果の高いものです。

しかし、使う抗生剤の種類を間違えたり、使い方を間違えたり、長期に使ったりすると、色々と大変な事が起きてしまいます。


僕の体の発疹や痒みがもし、前回の抗生剤によるものだとしたら、今回は別の抗生剤になっているので、退院後、発疹や痒みが起きなくなるかもしれません。

ステロイドの事ばかり気にしていたので、まさか抗生剤にも発疹等の副作用があるとは思ってませんでした。




リナの入院エピソードと僕のBT治療がうまく関連した形になって、記事にできたので、ネタという意味ではよかったのかな…?


そんな感じで、次回からのリナの入院エピソードは、さらに過酷になっていきますので…


おまけの1コマと食事


点滴の針を刺したままシャワーに入った事ある人ならわかると思いますが、シャワー入っているうちに、血管の血が管に流れて来て、ちょっと焦りません?


気分的になんか、ゆっくりシャワーに入ってられない…(^^;




朝食…

パンばっかりですね〜



昼食…

夕食より豪華な気がします。



ほらね…



抗菌薬の考え方、使い方Ver.3

抗菌薬の考え方、使い方Ver.3






応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

はてなブログ以外の方はこちらで読者登録できます。
follow us in feedly

FBファンページから更新通知を受け取る

LINEからでも更新通知を受け取れる様にしました

喘息患者の最後の砦!喘息治療の最先端・気管支サーモプラティ(BT治療)2回目体験記

いつも訪問ありがとうござます😊


報告として書きましたが、持病の喘息の治療の為に行なっている、気管支サーモプラティ治療(BT治療)の2回目の手術が無事に終了しました。


今回も前回の手術同様



朝食は半分の量!


水分は10時まで!


昼食は抜きで挑みました!



朝食少な!


手術前は、消化に悪い乳製品は食べちゃダメと言われているのに、牛乳・チーズ・さらにポタージュまで出てるし!


ちっこいぶどうパンとチーズ抜きのサラダとバナナだけ食べて、後は残しです…


10時に昼用の薬を飲んで、ここからは飲まず食わす…



昼に妻のユリも来て、全身麻酔用の点滴も打って、いよいよ時間!


前回の手術を知っている分、余裕があると思いきや、術後の苦しさを憶えている為、余計ドキドキ…


手術台に寝かされ、手際よく服を脱がされ、色々機器を取り付けられ、手術着を着せられ、そして全身麻酔投入…


酸素マスクをつけられ、深呼吸…


点滴の針のあたりが、麻酔でちょっとピリピリして、そしてゆっくり意識が薄れ…


そして…







「碧乃さーん!わかりますか?」


名前を呼ばれる!


ゆっくり意識が回復するが、目が開かない!


頭ははっきりして来て、指先も動かせる様になったけど、目が開かない!


そうして行くうちに、喉元の感覚が戻って来た!


口からの内視鏡手術なので、口から喉にかけて、何か色々突っ込まれている!


なんかヤバい!


このままだと、気持ち悪くなる…


と、ここでやっと目が開いた!



そして口の中の機器を取り除かれ、なんとかセーフ!



先生・看護師さん達から、手術無事終了の言葉が…


しかし、声が出ないので、頷くだけ!


そして手術室に病室のベッドに運ばれいて、抱かれて手術台からベッド移動…


このまま病室まで運ばれます。


そしてこの途中から、BT治療後に一時的に起きる喘息の発作がスタート!


今回は左肺の痛みと息苦しさと咳と痰!


血痰は出ませんでしたが、咳が前回の手術の時よりかなり出ました!


病室に戻ってからも咳は続いてました。


病室で待っていた妻のユリもちょっと心配そう…


ここで僕もやっとホッとしたのか…


いきなり尿意が!

かすれた声でユリに伝えると

「また〜!」(前回も術後に尿意ww)


呆れながらもちょっとホッとする。


小一時間ほど我慢していると、咳の方は少し良くなって来ましたが、左肺の痛みは止まらず…


麻酔が完全に切れて、トイレに行ける様になり、立ち上がると、再び息苦しさと咳が出てきました。



昨日の記事でも書きましたが、看護師さんが、BT治療の手術は、2回目・3回目の方が辛いと言う患者さんが多いと言ってましたが、まさにその通り!


今回はちょっと辛いですね…


現在も術後の発作の治療の為に、ステロイド点滴と、抗生剤を飲んでいます。(この抗生剤については、長女リナの過去のエピソード

にもあって、そして僕自身もちょっと気になった事があったので、この件については、今度書きたいと思っています)




こちらは夕飯…


咳で苦しかったけど、朝食半分、お昼抜きだったので、しっかり完食しましたよ!



夜も咳で苦しいので、サルタノール(吸入)をやって、少し落ち着いて、眠りました。


が、夜中の1時ぐらいには目が覚め、それからはほとんど眠れませんでした。



現在も動くと咳が出ます。


レントゲン撮影では問題ないので、術後の一時的な発作で間違いないでしょうとの事でした。



このまま咳が治り、順調に回復すれば退院となります。


以上、BT治療体験記でした!


喘息の方はぜひ参考にしてください!


気管支喘息バイブル―成人気管支喘息を診療するすべての人へ

気管支喘息バイブル―成人気管支喘息を診療するすべての人へ

ぜんそくは自分で治せる (祥伝社黄金文庫)

ぜんそくは自分で治せる (祥伝社黄金文庫)






応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

はてなブログ以外の方はこちらで読者登録できます。
follow us in feedly

FBファンページから更新通知を受け取る

LINEからでも更新通知を受け取れる様にしました

長女が4歳の頃、偽膜性大腸炎で入院した時のエピソードとBT治療手術終了のお知らせ

いつも訪問ありがとうございます😊


昨日の記事でも追記で書きましたが、BT治療の2回目の手術の方は無事に終わりました。


看護師さんに、2回目・3回目の方が術後キツいと言う患者さんが多いと言われていた通り、術後の発作と肺の痛みがあって、ちょっとキツいです…



なので本日の更新は、手術前に書いていたものを更新します。



長女リナの4歳の時の入院エピソードです。
※現在のリナは当時を感じさせないぐらい完全回復して、健康そのものですので、ご安心してください。



近くなかったコンビニ

長女リナを連れ、隣の市の病院に連れて行った僕ら…


診察してもらい



このまま入院する事になりました。



気づけばすでに夜の10時を過ぎていました。


リナの事でずっと飲まず食わずだったので、流石にヤバイと思い



病院に向かう途中にコンビニがあったのを思い出し、ひとっ走り買い出しに行く事にしました!


病院から車で1〜2分ぐらいの場所!


当時の僕は、喘息の調子も悪くなかったので、多少走れました!


いざ、コンビニに向かう僕!



走ってみたら意外と遠かった!


信号の少ない国道での1〜2分の距離は、走ったらめっちゃ遠くて…


それでも何か買って来なきゃと、とにかく頑張りました。


飲み物と食べ物を色々買って、汗だくで病院に戻りました!


あの頃はよく走れたな〜


今は下手に走れば、僕までそのまま緊急入院ですよ…



そんな感じで、飲み食いできた時は、もう夜の11時を過ぎてました…


長い1日の終わり、もっとも寂しい独り寝…


リナの入院準備、僕らも食事も終わり、少し一息…


そして今後の話し合いを…



小学生以下の入院には、親が必ず付き添わないといけないらしく、妻のユリがそのまま付き添う事になりました。


そして僕は



一旦家に戻り、ユリとリナの入院用の荷物の準備し、明日届ける約束をしました。(当然会社は休みました)




次女のリンは、夜遅い事もあって、そのままユリの実家に泊めてもらう事になり、僕は1人、帰宅の途につきました…


こうして長い1日が終わった僕は、長女リナの容態と次女のリン、そしてリナを介抱するユリを思いながら


1人寂しく眠りました…



そして次の日から、どんどん症状が悪くなる長女リナ…



続きます。



ちなみに明日はBT治療の手術ついての記事を更新する予定です。


コンビニ店長の残酷日記(小学館新書)

コンビニ店長の残酷日記(小学館新書)






応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

はてなブログ以外の方はこちらで読者登録できます。
follow us in feedly

FBファンページから更新通知を受け取る

LINEからでも更新通知を受け取れる様にしました