新・ぜんそく力な日常

プロレスとキン肉マンを愛する喘息持ちブロガーの日常絵日記

No.1734 姪っ子にとってその父親の絵はカリスマレベルだが、我が家にとってその叔父の絵の実力とは?

いつも訪問ありがとうございます😊


次女のリンが、自身が入部している美術部の絵を家で描いている時の事です。



ミキちゃんとは、リンの従姉妹で同じ学校に通う同級生で、さらに同じ美術部に所属しています。


そしてミキちゃんのパパとは、僕の末の弟のタコちゃんの事なんです。


前もチラッと言っているのを聞いたことがあるのですが、ミキちゃんはパパであるタコちゃんは、絵がめちゃくちゃ上手いと思っていて、絵のカリスマのような感じで崇めていたんです。


どうやら部活でもリンに、父親の自慢をしていたそうです。


ミキちゃんがそこまで崇めるタコちゃんの絵の実力は?


兄の僕が知る限りのタコちゃんの絵は…


兄の僕と同等レベル!

て、ちょっと隣にいたリナ!(リンの姉)


完全に鼻で笑った〜!

ま〜このブログを見てもらえればわかると思いますが、僕の絵って、上手いかって言われたら、下手じゃない?というレベル。


ま、タコちゃんも決して下手じゃない!


強いて言うなら、似顔絵が上手いってレベルなんです。
※実はブログに登場する会社の人達の絵は、タコちゃんが描いた似顔絵をもとに描いているんですよ。


それがまあ、ミキちゃんにとってはカリスマレベルって…


ウチの娘達にとってのカリスマレベルの絵は、妻のユリですから。

※ブログで何度も紹介しているユリの絵、記事の下の方にあります。


ユリとは絵のレベルが違うって事で、リナも鼻で笑ったようですが…


僕にもタコちゃんにも失礼でしょ〜!


それにしても、ユリみたいに絵が上手くなりたいなぁ…


絵関連エピソード


僕の著書「新・ぜんそく力な日常」好評発売中!
ブログにはない新作も収録!





応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

follow