新・ぜんそく力な日常

プロレスとキン肉マンを愛する喘息持ちブロガー

No.1723 人生初のインターネットのチャットルームでなぜかみんなに女性だと思われた僕

いつも訪問ありがとうございます😊


今日は最近のネタがなかったので、昔のエピソードを紹介します。


それは今から20年ほど前、妻のユリとまだ付き合っていない頃の話になります。


当時の僕はけっこうなゲーマーで、色んなゲーム機を持っていました。


その中で、ドリームキャストというゲーム機があって、当時の家庭用ゲーム機としては珍しくインターネットにができたんです。


ある日、そのドリームキャストで、そのインターネットをやってみた時の事です。


当時は家にインターネットの環境がなかったので、電話回線に繋いでいました。


線を繋いで、ドリームキャストをインターネット設定して…



そしてネットに繋ぐと、まずニックネームが必要になっていたので



ニックネームをつけて、インターネット初体験をしました。


そしてチャットルームがあって、沢山のルームがあったので、その中の一つに入ってみると…



初めてのネットなので、よくわからずそのまま待機していると



誰かがルームに入ってきました。



このルームに入ってくる男性(?)達は皆、僕のニックネームで、一瞬女性だと思って話しかけてくるんです。


で、そのあと男なのに気づき怒って出て行ってしまうんです。


なんでみんな勘違いするのか、不思議に思っていたら、新たに入ってきた人に…


amiじゃなくてaniだから!

最初にニックネームを決める時、何にしようか迷って、結局僕は長男なので、兄(ani)にしたんですよ。


そしたら、チャットルームに入ってくる人達にami(アミ)って勘違いされて…


結局、チャットは何をするのかよくわからないまま、何時間も費やし、ドリームキャストでのインターネットをやめてしまいました。


ちなみにこの月の電話代…


1万円を軽く超えていました。


電話線でインターネットはやっちゃダメですよね〜


ゲーム機関連エピソード



僕の著書「新・ぜんそく力な日常」好評発売中!
ブログにはない新作も収録!





応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

follow