新・ぜんそく力な日常

プロレスとキン肉マンを愛する喘息持ちブロガーの日常絵日記

会社から給料をカットされる事って違法じゃないのか調べてみた!

今日も訪問ありがとうございます😊

先日、ジョブシフト様に記事を寄稿させていただきました。

この時にリーマンショックで、ウチの会社が危機的状況から、社員の基本給を3割カットにする事態になったと書きました。

※詳しくはジョブシフト様の方を読んでください


その時に思った事…


いきなり基本給3割カットってありなの?

当時は、会社もそれだけ危ないんだなという思いと、周りの仲間達が何も言わなかったので、我慢していました。


しかし今は会社を退職する事になっているので、今更ですが、当時会社が行った行為というものは、法律的にセーフなのか、それを調べてみたいと思います。

会社側からの一方的な減給

仕事でミスをしたり、仕事ができないからと、会社側から給料を減給される行為

これは違法です!

これはもともと給料報酬は、労働者と経営者とで労働契約を結んだ上で支払われるものなので、労働者の同意がなければ、一方的に減給することはできません。

労働者側が異議を唱えないからと言っても、それは同意した事にはならず、同意したという証拠(書面による同意等)がないと無効になります。


法律上の減給の限度額は?

従業員が問題を起こして、減給しなければならない事態になった場合。

1回の減給額は、1日分の給料(日給)の半額まで!

しかも最低賃金は下回ってはいけない!


月給制の場合、1ヶ月で2回以上減給する時は、1日分の給料の半額×減給回数となります。

ただし1ヶ月分の減給額が、給料の1割を超えてはいけないとなっています。

つまり最高でも給料の1割までだそうです。


減給されても違法にならない場合

経営難が理由の減給は、ルールの範囲以内ならば違法にならない。

社員に対して事前に減給や今後の経営計画などを説明し、さらに社員の同意がないといけません。

そして経営難でも、減給の限度額(月給の1割)を超えての減給は認められません。


以上のことから考えて

う〜ん…

たしかにウチの会社、経営難での減給でしたし、減給の1ヶ月前に説明がありました。

この辺は法律的には一応セーフですね…


しかしその説明の時、社員は皆、何も言わずに黙っていただけ…

つまり同意はしていない!

しかし減給からかなりの年数が経っているので、法律的に同意した事になる場合があるみたいです。

そして減給額の限度額は月給の1割まで!


ウチの場合、基本給3割カットでした。

あまり詳しく書けませんが、僕の給料で片手以上減給されましたからね。


これは完全にアウトですね。


一応、不当に減らされた賃金分は、2年前までさかのぼって請求する事は出来るそうです。


僕の場合、長期で休職しているので、請求してもあまり意味がないですね。


会社を辞める前に、同じ会社に勤めている弟達に、こっそり教えてあげようかな…



皆さんの会社でも、急な減給があった場合、違法な可能性がありますので、調べてみたほうがいいですよ。





応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

follow