新・ぜんそく力な日常

新・ぜんそく力な日常

喘息と睡眠時無呼吸症候群と戦うおバカパパの日常

No.1273 睡眠時無呼吸症候群の検査入院での深夜のマジ恐怖体験

いつも訪問ありがとうございます😊


実は先日の睡眠時無呼吸症候群の検査入院の時

ガチの恐怖体験があったので、今回はそのエピソードを描きます。



そうそれは


僕が個室で1人でいる時の事です…


身体中に検査機器を取り付けられた状態で夕食を終え、歯磨きを済ませました…



洗面所も個室に付いていて、場所はベッドのすぐ隣…


歯磨きも終え、明かりを消し、21時半ごろには眠りにつきました。



しかし僕はいつも、必ずと言ってもいいほど、夜中に目が覚めてしまいます。


この日もしっかり目を覚ましてしまいました…


iPhoneで時間を確認すると…




一度目が覚めるとなかなか眠れない僕…


睡眠時無呼吸症候群の検査だから寝ないといけない!


なんとか目を閉じて眠ろうとしました。



…30分?


いやもう少し時間が経ったのかな…?



突然!



ベッドの隣の洗面所の水が流れたんです!

洗面所の水は、センサーに手をかざさないと流れません!


誰かがセンサーに手をかざしたの⁈

個室の扉は閉まっているし、看護師さんが入ってきた気配はない!


僕は1人ベッドの上で…



恐怖に慄いていました!


その後、この恐怖から早く逃れようと、事前にもらっていた眠剤を飲み、なんとか5時頃までウトウトと眠ったのでした…


まあ僕の下手くそな漫画なので、どのくらい恐怖が伝わったかわかりませんが、深夜の病院という事もあってめっちゃ怖かったです。


実は明日から喉の手術の為

またまた入院するので、今回の体験はちょっと不安です…


しかし今度は大部屋なので、まだ1人じゃないからマシかな…

これもちょっと恐怖体験?

妻のユリの恐怖体験

親父の怖くてちょっと不思議な話





応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

follow