新・ぜんそく力な日常

新・ぜんそく力な日常

喘息持ちのイクメンパパの奮闘記

退院後に即仕事復帰復帰は有り無し?

今日も訪問ありがとうござます😊


今日は祝日なお陰で、朝から娘達が友達を家に呼んで遊んでいるので大賑わい。


しかも妻の実家の両親もお茶しに来てるし…



せっかく僕が退院して初の休日なのに…


ま〜僕の喘息・入院、家の10年点検などあって、なかなか家に人を呼ぶ事ができなかったみたいですからね。


しかし娘達の友達と両親がそれぞれ子供部屋とリビングとダイニングを占領していると、僕の居場所に困ります…


そんなわけで、家の隅っこでブログの更新です…



さて今回は、僕の事ではありませんが、僕の会社の先輩についての体験談を書こうと思います。



それは今から10年ぐらい前の事です。


僕のブログに何度か登場している、先輩のラードさんが

自宅で倒れ緊急入院しました。


原因は心筋梗塞


ラードさんは身長は僕(160センチ)より低いのですが、体重は僕の2倍ぐらいある、いわゆるポッチャリさん(激)体型…


仕事中から少し胸が苦しかったそうで、家に帰ってホッとしたのか、一気に苦しくなったそうです。


その後、緊急のカテーテル手術を受け、一命を取り留め、そのまま入院しました。


次の日、それを聞いた僕らも、一命を取り留めた安堵と、あの体型じゃそうだよな〜と納得をしていました。



そしてラードさんが倒れてから2週間後の朝、会社で…


「おっおはよう、迷惑かけたね…」


ラードさん、出勤してるー⁉︎


「えっもう大丈夫なんですか?」

「いつ退院したんですか?」

「昨日…」

「昨日退院したのに、もう出社ですか!」

「ええっ大丈夫なんですか⁈」

「いや実は…」


ラードさんの話によると、退院の2〜3日前に社長が見舞いに来て、心筋梗塞で倒れた体で今後仕事が続けられるのか、医師と相談しろと言われたそうです。


そしてその後、退院の報告を会社に電話したら、話もしたいから、明日から会社に来いと言われたそうです。



退院の次の日にいきなり会社に来いって…


僕が驚いていると社長が来て…


「おはようございます。」

「おはよう!」

「で、医者は何て言っていた?」


「あっあの…これから体調に注意しながら、復帰に向けて…あの…」


「俺が聞きたかったのは、その体でこれからもウチの仕事ができるのかどーかだろ?」

「やる気はあるのか?ウチで働きたいのか?」


「はっはい…」

「これからも頑張ります…」


「ふん、まあいい…どうせ退院しても家で寝ているだけだろうから…」

「リハビリにもなるし様子も見たいから、働いていけ!」


と、いつもの仕事よりは軽めでしたが、普通に定時まで仕事をさせられていました。


退院して即フルに仕事をさせるって、いくらなんでも酷いよな…


と、同僚達と話したものです。



当時、会社的には凄くヒマな時期なので、無理に働かせる必要もありませんでした。


会社的にヒマで売り上げが落ちている時期だからこそ、有給を払いたくなかったのかなぁと思っています。



僕も先日、入退院を経験しましたが、退院直後って、かなり体力も落ちているし、普通に歩くだけでもしんどい感じでした。


そんなところでラードさんの事を思い出し記事にしました。




みなさん的には、退院後即に仕事復帰させる事は有りですか無しですか?


ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)

ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)

ブラック企業のない社会へ――教育・福祉・医療・企業にできること (岩波ブックレット)

ブラック企業のない社会へ――教育・福祉・医療・企業にできること (岩波ブックレット)






応援よろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村


4コマランキングへ

読者登録お願いします(^-^)/

はてなブログ以外の方はこちらで読者登録できます。
follow us in feedly

FBファンページから更新通知を受け取る

LINEからでも更新通知を受け取れる様にしました